Jan 22, 2018

一心寺本堂-雪化粧。

2018/01/22 16:02 ウェザーニュース

22日(月)は普段雪が降りにくい首都圏の市街地でもすでに雪が降りはじめ、16時現在、東京都心で6cm、横浜で4cmの積雪を観測しました。
このあとは、道路にもさらに積もり、大雪となる恐れがあります。
また、14時30分には、東京23区に大雪警報が発表されました。東京23区に大雪警報が発表されるのは4年ぶりです。https://weathernews.jp/s/topics/201801/220185/

<22日16時現在の積雪深>
東京  6cm
横浜  4cm
熊谷  5cm
秩父  3cm
水戸  3cm
宇都宮 4cm
前橋  5cm

 

 

 

お天気情報をそのまま引用してしまいましたが、

一心寺の本堂と境内は一面銀世界になりました。

 

雪国の皆さんからすれば、大したことのない積雪量ですが、

関東地方は3センチでも大騒ぎなんです。

 

電車もバスも遅延。学校は早退し、明日の登校も10:15からと

連絡網が回ってきました。

 

茨城県の一心寺は笠間市に所在してます。

一年に一度雪が降るか降らないかの気候です。

茨城県の北部や山沿いでは積雪もあるそうですが、

一心寺周辺は雪の備えはスタッドレスタイヤを装着する程度です。

 

私たちはほとんど使ったことありませんが、

雪国の方ならばご存知のスノーダンプというのがあります。

 

 

画像にあるような、雪を乗せて除雪作業をする際に、

雪国にはとても重要な必需品です。

 

通称「ママさんダンプ」とも呼ばれて、

雪国の朝、出勤前のご主人様の自動車が出られるように、

せっせと雪国のママさんたちは除雪をするんです。

 

自動車にのった雪を除雪するにも道具が便利なものがあり、

 

ブラシ部分と、水滴が凍ってしまったフロントガラスの氷を

ガリガリと削り取るアイススクレーパーと呼ばれる先端で、

きれいに車を除雪できるんですよ。

 

総本山の身延山久遠寺も積雪が多いところです。

日蓮大聖人様もあしかけ9年間在山されたと伝えられてます。

当時は車も馬車でしょうし、自動車はありませんから、

除雪といっても必要はなかったでしょうね。

せめてスノーダンプでもあったら、快適だったでしょう。

Posted in ギャラリー, ブログComments Closed 

関連記事